読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッチン/吉本ばなな

キッチン (角川文庫)

キッチン (角川文庫)


もしも自分が死んだら、周りの人たちに自分のことはそこそこに忘れてしまって、前を向いて生きていって欲しい。そんな気持ちで吉本ばなな氏は書いたのかもしれない。あるいは、自分の中にある決して表には出せない愛しい人への想いを、思い切って書いたのかもしれない。一所懸命書いた物語は人の心を打つと思った。