読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1万円起業/クリス・ギレボー(本田直之監訳)

 

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

 

 その名の通り、1万円で起業できるっていう本。今あなたがやっていること、持っているスキルで起業ができてしまう。本当かよ?そう思って本書を手に取ったわけだけれど、結論から言うと、未だもって自分に起業できる気になれないでいる。

何故だろうか?きっと、自分には誰かが欲しがりそうなモノを生み出す趣味もないし、誰かが困っていることを手助けできそうなスキルもないから。もしくは、自分の何が他人に必要とされるのか知らないから。

でも、そういうモノを持っていると自負する人ならば本書を読んで損は無いと思う。

本書は、いわゆる自己啓発本を装った自分の自慢話的集ではなく、実際にマイクロビジネスを始めてある程度成功していて、しかも世界をマーケットとして活躍している人たちを取材して書いているので、鼻につくところがなく、素直に羨ましいと思える。

最初は、いかに小さなな思いつきで、しかも、自分が起業していることに気がつかずに始めた売買がビジネスに転換してしまうものなのだという、自分の中にある何かを見つけるか、見つけないかが大きな差となるという話。

そして、それを広げるのか、深掘りするのか、マーケティングは?広告は?など一般企業でも当てはまりそうな話が実例とともに紹介されてゆく流れで構成されている。

ただ、ちょっと足らないと思ったのは、恐らく本書に紹介されているような、気がつかずにマイクロビジネスを始めた人たちはもっとたくさんいるハズで、失敗している人も、やはり気がつかずに終えてしまった人たちもいるハズ。そういう例も取り上げて違いを見せて欲しかったと思う。

本当に起業してみたいと思う人はぜひどうぞ。