読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホテルローヤル/桜木紫乃

ホテルローヤル

ホテルローヤル

第百四十九回直木賞受賞作品。「オール読売」掲載のものを読んだ。ラブホテル(今はファッションホテルっていうのかな?)のホテルローヤルを基点としたアンソロジー。廃墟となったホテルの現在と過去の物語。と言っても、ホテル奮闘記ではなく、そこにまつわる人間の性と悲しい事情にフォーカスされている。廃墟でヌード撮影をするカップルを描いた最初の作品は、男の言い訳人生と、惚れた弱みでヌード撮影を許す彼女。そして、彼の人生が何も変わらないであろうことが透けて見え、心が離れてしまう。ベッドや床の埃やダニが気になって、体中がかゆくなって仕方なかった。二話目は、檀家を受け入れる住職の妻の話。お布施としてもらうお金は売春代という簡略化してしまうと身も蓋もない内容。お寺さんも生き残りをかけて大変なのだ。ホテルローヤルは単なる脇役。そして、三話目はホテルローヤルの掃除婦の人生を描く。不幸のデパートという主人公だが、どことなく無知が故の安穏とした雰囲気を醸し出し、そこがさらに悲哀を感じさせる。何故か、中上健次氏の「千年の愉楽」を思い出してしまった。直木賞選考メンバーは、皆べた褒めだった。