読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティーブ・ジョブズ/ウォルター・アイザックソン、井口耕二

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I


スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II


やはりMac派としては読んでおかないといけない。今後のアップルというか、新製品の革新性が心配なのはMac派ならば誰も同じはず。その心配は、この本を読んでさらに強くなってしまった。あんなワガママ放題、し放題だからこそ、あれだけのインクレディブルな製品も生み出せたし、ボツ物も登場したということだろう。しかしながら、彼のような人物は通常の組織には存在できないのも事実。それは彼の人生も証明している。今後のAppleがとても心配だ。