読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感じない男/森岡正博

感じない男 (ちくま新書)

感じない男 (ちくま新書)


男である「私」の視点で、男の性についての分析を試みている。「自分は感じない男で、自分は戸惑ってきた」という割にはかなり盛り上がっている。自分のエロ願望を隠しきれないどころか、露出して楽しんでいる感覚さえ感じた。小学生にも高校生にも興味がないので、森岡さんの気持ちの盛り上がりに少しついてゆけなかったけれど、読みやすかったし、反感も感じなかったし、それなりに面白かった。中でも興味深かったのは、制服フェチやロリコンの正体。それが乗っ取り願望だという説には正直驚いた。それにしても、感じない男なのに、こんなに感じまくっていいのか?