読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<私>時代のデモクラシー/宇野重規

〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書)

〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書)


久しぶりに難しい本を読んだ。「デモクラシー」と「私という個人」とは一見トレードオフしているけれど、それを融合して、私たちを全体化?社会化?させられないかと試みる。でも、ちょっと違和感があったのは、筆者がデモクラシーが起こらなくてはならないと譲らないところ。全体主義から個人主義へと完全に切り替わってしまった現代に、デモクラシーそのものは必要なのか?もしも実現されるならば、それは誰のためのどんなデモクラシーなのか?想像ができない。他人との違いが分かるところから平等は始まるのは分かるけれど、差異を認めてもなお、現状の<私>が一番居心地がいいのが現在ではないか。ちょっと不意を疲れたのは、日本は実は社会主義的な国だったというところ。確かにそういう見方をすれば、そうだよなあ。なるほどなあ。と思った。