読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1Q84 BOOK3/村上春樹

1Q84 BOOK 3

1Q84 BOOK 3


登場人物一人ひとりが、アドリブなしで台本どおり自分の役割を演じている小説という印象。何もかも最初から決められている。だから何となく安心して読めた。それぞれの役割の意味を考えたくなるのだけれど、位置づけが分からない登場自分が結構いる。千葉の療養所の看護師さんとか、天吾の父親とか、フカエリもその一人。疑問も盛り沢山。NHKの集金男の意味は?BOOK1とBOOK2のリトルピープルの世界観はどこに?そもそもリトルピープルは一体何者?BOOK3は青豆と天吾のドキドキ、ハラハラのラブストーリーとなってしまっているがそれで良かったのか?分からないことが多すぎる。ひょっとして僕だけ?BOOK4も出るな。