読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1973年のピンボール/村上春樹

1973年のピンボール

1973年のピンボール


なんだかよく分からなかったけれど、意味のないことを惰性でやっていることの絶望のようなものを感じた。今やっていることは、意味があるかもしれないし、ないかもしれない。でも、それは必然なんだ。って感じだろうか?でも、その後もっと意味の無いバブル時代がやってくることを村上さんはこの時想像していただろうか?
ところで、配電盤と貯水池はなんのメタファーだったのだろう?