読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檸檬/梶井基次郎

檸檬 (新潮文庫)

檸檬 (新潮文庫)


昔、教科書で読んだことがある程度の小説だった。丸善に檸檬を置いてきて、あれが爆弾だったら……と想像するちょっと愉快な話くらいに記憶していた。今回読んでみたのは、新潮文庫の100冊に載っていた「檸檬」という文字に目が留まってしまったから。「檸檬」は梶井の小説を集めて編纂したアンソロジーとなっている。エッセイなのか?と思って読んだら、解説に「小説」だと書いてあって驚いた。読んでみて、全然愉快でなかったのでさらに驚いた。肺を病んだ梶井の病巣から、僻み妬みがドロドロと零れ落ちてきたのをすくって書いたような後味の悪い小説ばかりだった。