読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり日和/青山七恵

ひとり日和

ひとり日和


第136回芥川賞受賞作。語り手の女性の心模様にはリアリティがあるのだが、家のオーナーであるお婆さんにリアリティがない。いや、こんなお婆さんがいてもいいかもしれないけれど、実際にいる気がしてこなかった。さらに母親には立体感がない。ひとり日和は自立してしまう日を指している。