読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛中毒/山本文緒

恋愛中毒 (角川文庫)

恋愛中毒 (角川文庫)



2回目。面白い。というか、プロットが凄い。最初の新人社員くんの一人称の部分で、ストーカーのような彼女が登場する。それが最後のオチの複線となっている。そして、新人君は女をとても鬱陶しがっているのに、最後のシーンで水無月はストーカー女からの電話に「すこし嬉しそうだった」と感想を漏らす。ここで男の気持ちを上手く読み取れない水無月を不気味に表現している。何より感心するのは、普通最後は新人君の一人称に戻して終わるのではないかと思うのだが、水無月の一人称で終わるところだ。それがとても上手に処理されていると思う。