読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を与える/綿矢りさ

文藝 2006年 11月号 [雑誌]

文藝 2006年 11月号 [雑誌]


文藝2006年冬号
「夢を与える」という言葉は汚いと綿矢は言う。農業を営む人は「米を与える仕事です」とは言わない。何故「夢」だけが与えるという高飛車な言い方ができるのかと問いかける。
アイドルである主人公は恋愛スキャンダルでその地位を失う。そして「夢を与える」とは他人の夢であり続けることなのだ、と気が付く。だから夢を与える側は夢を見てはいけないのだと言う。
とても大学を卒業したばかりの女性が書いた小説とは思えないすごいものだと思った。