読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽待ち/辻仁成

太陽待ち (文春文庫)

太陽待ち (文春文庫)


南図書館
辻作品というよりは、村上春樹作品という感じの展開だった。
藤沢が井上監督にランドセルの中身を飲ませる意味はあったのだろうか?
最後の「新世紀の太陽、現る」の章は、無くても良かったような気がする。
その後は、読者の想像に任せた方が作品として完成できたのでは?