読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと君は泣く/山本文緒

きっと君は泣く (角川文庫)

きっと君は泣く (角川文庫)



泣かなかった。美人の不器用な恋愛奮闘記といったところか。山本文緒さんの作品には、必ず教訓がある。最後に、そうだ、そうだったのだ、と思い知らさせる場面が登場する。その時、はたと思うのだ。自分のことじゃないか、と。その出し方が山本さんはすごくうまいと思う。