読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユージニア/恩田陸

ユージニア

ユージニア


南図書館
途中までインタビュー形式で物語が進んでいく。宮部みゆきさんの「理由」をちょっと思い出した。三人称を上手に使って書いているなと感心する。一体誰が真実を知っているのか?最後までわからない物語だった。ミステリーとプチホラーという感じ。最後まで緋紗子を孤高の人のように扱い通したのが良かった。が、六番目の小夜子ほどの存在感は無かったか……。母親との確執を思わせる青い部屋とゆりの花。満喜子さんは最後に解ったのだろうか?ユージニアの語源にはちょっとガッカリだったが、緋紗子の存在がどんどん大きくなっていく構成で、とても面白かった。