読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京飄然/町田康

東京飄然

東京飄然


南図書館
文体が文体なので、気が付かずに終わりそうだが、まるで自分が歩いているかのような気分になる詳細な風景描写だった。それにしても町田さんのあの感覚はなんなのだろう?風景に疑問を感じ、人々に激怒し、店員に苛立ち、だけどそんな街を愛している町田康さんという人がわかる本。